聖なる扉



NGO Mother GAIA

d0059413_0271541.jpg

聖なる扉プロジェクトは2008年元旦に宣言して以来、NGO Mother GAIAとして
よりスケールアップして展開しています。
HPも立ち上げました。 http://mothergaia.jp ご覧ください。

そして2008年、夏至の日は沖縄で地球の反対側のブラジルと繋いで
Feel the Mother GAIA 2008 in 沖縄 を開催する予定です。


☆   ☆   ☆


夏至の日、すなわち太陽が一番長くある日。
光と闇の転換。太陽の時代の復活。
太陽と地球、本当の本当を直感しましょう。
~天地を感じて己を知る~

2005年、夏至の日、聖なる扉プロジェクトは元伊勢から始まりました。
その時の主催者挨拶をもう一度、下記に記します。
そしてまた縁ある皆様方にお会いできますことを祈念しております。


☆   ☆   ☆


聖なる扉プロジェクト
宇宙に抱かれ、地球とともに・・・

それぞれの小さな意識が変わることで、それにともなう選択が変わり、
行動が変わり、新しい出会いが結ばれていく。
その小さな「輪」を繋げ、拡げ、それぞれが更に輝きを増しながら、大きく世界を変えていく。

~忘れた未来をとりもどす~をコンセプトに、様々なイベントを通して、意識のシフトを呼びかけ、
“光”のネットワークを創造する、それぞれの「聖なる扉」を共に開いていく、
みなさまおひとりお一人が主人公、
そんなプロジェクトの活動を今後も私たちは続けたいと思っています。

本日はご遠方の中、尊いご賛同のもと、お集まり頂きましたこと、心から感謝申し上げます。
この尊い賛同の輪が、日本全国、世界各国、どこへでも繋がり、拡がっていくことを
ここに祈念いたします。
d0059413_0312599.jpg

                                平成17年6月21日(夏至の日)
                             意識のシフト~忘れた未来をとりもどす~
                                  聖なる扉プロジェクト FK
[PR]
# by divinedoor2005 | 2008-05-09 00:33

2008年は日本ブラジル交流年

d0059413_12105167.jpg

ご無沙汰してます。FKです!

この週末、南米アルゼンチンに移民経験のあるHさん(京都在住)と出会いました。
私たちはすかさず取材を依頼し、カメラにむかって当時を少しだけ振り返って頂きましたが、
ドラマを見ている以上に引き込まれる内容でした。

決してお話が上手、というわけではないのですが、たとえば学校の勉強のように
知識として聞かされ、うわっつらを記憶していくことに慣れている私たちの頭はとても鈍感に
なっているのでしょう。想像する力を奪われている窮屈さを感じてしまいますが、
心で話され、心で受け止めていく過程には、何かしら胸の奥から溢れてくる潤いを感じます。
じ~んと込み上げてくるのです。

Hさんは最も後半期のブラジル移民船“あるぜんちな丸”に乗り、
まだ幼い小学生の子供3人を含む家族5人で、大きな希望を抱かれ渡伯されたお母さんの
視点からの体験談を話してくださいました。

とても感動しましたのでご紹介しますね。

☆☆☆

当時の日本は行政の指導もあり、Hさんは日本での全財産をブラジルでの資金として準備万端
用意され、ブラジルでの不安要素は全て確認し、念には念を入れて慎重に慎重に
「あとは家族で頑張るだけ」と信じきっての夢見る渡伯でした。

しかし結果、個人的なことではありますが、騙されて利用され、住むはずだった家も
何もない状態で異国の地に家族5人が放り出される運命が待っていたそうです。

途方に暮れたHさん一家、しかしそれを全面的に援助協力してくれたのが、
ブラジルで頑張っている同胞、日本人たちの厚い人情でした。
ブラジルに渡米した日本人で一番大きな組織になっているのが今でも沖縄県人会だそうですが、沖縄県の人たちの篤く奇特な魂たちはブラジルで頑張る日本人にとって、
とても見習う姿勢があったそうです。

そして沖縄・宮崎の方たちが親身になって助けてくださったことにより、Hさん家族は
1年半の滞在の後、再び日本に戻ってくることができました。
もちろん全財産を整理した日本での暮らしもHさん家族にとっては大変だったことだと思います。
時は1970年、大阪万博の年だったそうです。

取材後、Hさんは「子供がいたから一生懸命頑張れた。」また「応援してくださる日系人の方たちに恩返しの意味も込めて頑張れた。」「でも苦労とは思わなかったなぁ。人と人のつながりがあって、一緒に泣いたり喜んだり、励ましあって・・・
「生きてるってそういうことやと心から思えたよ。」と笑顔で話してくださいました。
そして今でもブラジルではそういう心が伝えられているそうです。
「日本人より日本人らしい」とHさんは言い切ります。

そして「今年は日本ブラジル交流年でいろんなイベントがあるけれど、偉いさんたち同士が
お金を出し合ってまるで打ち上げ花火みたい。」「今は3世4世の時代になっているけれど、
もともとは一花咲かせ、日本に錦を飾りたいとみんな思っていた。
でもとてもとても帰れなかった人が多い。」と・・・。
今では行き先を失ったそんな老人たちの日系人が入る施設では、十分な食事と紙おむつすら行き届かないそうで、何とか日本の政府から働きかけてもらえないか、というFAXが
サンパウロの友人からHさんのところに何度も何度も届くそうです。


日本ブラジル交流年・・・何だか深く考えさせられるきっかけになりました。
ブラジルは日本の真裏、太陽が日本で昇るとき、ブラジルでは一日前の太陽が沈みます。


☆☆☆

~以下、日本ブラジル交流年概要(外務省HPより)~

 明治41(1908)年4月28日、第1回日本人移住者781名(この他に自由渡航者10名)を乗せた笠戸丸が神戸港を出航しました。笠戸丸は約2カ月の後、6月18日にブラジル・サントス港に入港。ここに日本人のブラジル移住が始まりました。それから今年平成20(2008)年で100年。笠戸丸から始まったブラジル移住者の子孫は、現在では140万人を擁するとも言われる世界最大の日系社会を築き、日系人はブラジル国内でも高い評価を得るようになっています。


 日本人ブラジル移住100周年にあたる平成20(2008)年。この記念すべき年にあたり、日伯両政府は、平成16年9月小泉総理(当時)がブラジルを訪問した際に、2008年を「日本ブラジル交流年(日伯交流年)」として祝うことで合意しました。

 日伯交流年では、未来に向かって日伯両国の結びつきを強めることを目指しています。このため、経済、社会、文化、芸術、学術、観光、スポーツなど幅広い分野での交流を行なう予定です。

1月には、皇太子殿下が日本ブラジル交流年の名誉総裁に就任され、6月18日の『ブラジル日本移民の日』に行われる日本移民百周年記念式典・行事には皇太子がブラジルを公式訪問されるそうです。

動画「日本とブラジル、新しい百年が今始まる」
[PR]
# by divinedoor2005 | 2008-03-11 12:21

はじまりの2008 あけましておめでとうございます。

d0059413_11473019.jpg

~天地を感じて己を知る~
忘れた未来をとりもどす
2005年夏至の日、元伊勢から
始まった「聖なる扉」・・・




天と地をつなぎ、日室岳の封印切り
心の闇の封印切り
夏至の日とはすなわち太陽が一番長くある日
光と闇の転換

今回の夏至の日は太陽の時代の復活
いよいよの始まり

太陽を思う存分感じてみてください
光も更に強くなるでしょう
本当の本当を直感しましょう

天からと地からと私たちと
まさにひとつに繋がる

縁あるものが集う

更に透明になって感じていく
深く深く・・・
2005年、元伊勢をやるために様々なメッセージを受けていましたが
この3年間の経験から改めてその内容の真意を理解できたことがあります。

そして2008年はその原点を
ひとつづつ実践し実現していく
力強い年にしたいと思います。


気持ちはあったのだけど、行動が追いつかなかったことの多さを反省しながら
人との出会い、つながりを大切に、細やかに、もっと早く、もっと小さく、もっとたくさんの
喜びの実感と体感の場を増やしていきたいと思います。

大雑把な性格でこれまできましたので、ようやくバランスをとる
折り返し地点にきたのかもしれません(笑)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(FK)
[PR]
# by divinedoor2005 | 2008-01-01 12:08

Mother GAIA Summit 2007 in Biwako


ご無沙汰しております。

無事、琵琶湖サミットを終えることができ
やっと振り返る余裕が出てきました。

ひとりの小さな意識が変わることで
小さな選択が変わり、行動が変わり、出会いが変わり、自分の世界が変わる。
少しでも自分が希望する未来になるように・・・・と
聖なる扉プロジェクトは始まりましたが、同じ志を持つ有志の皆さんと
より現実レベルで、と、マザーガイア・サミットを展開し始めて今年で2年目。

全体の参加者、認知度はまだまだ小さなものですが、
今年は去年の3倍強のボランティアのみなさんが集まってくださり
すべてが(私たち含む)ボランティアの方々の尊い気持ちだけで運営されました。
すごいことだと感動しています。

サミットで伝えたいこと、確認しあいたいことが、今年はもっと明確になりました。
「自然との調和・自然回帰による人間性の回復」
「ひとりから始める国おこし」
最初からコンセプト・スローガンはこのとおり掲げているのですが
深い自覚として「自然回帰による人間性の回復」「ひとりから始める国おこし」の
意味を受け止められたように思います。

私たちは大きく、かけがえのない命の一部を体験させてもらっています。
そして小さく、身近な関わりの中で本来の自己実現の体験が繰り広げられます。

大きな光を意識しながら、小さな自分の世界を光輝かす。
自然回帰とは大きな光を意識すること。
人間性の回復とは自分が光輝く存在になること。
その光が連鎖する。
そこからしか光の国づくりは始まらない。
(光と表現すると宗教くさいな・・・・)

でも、だれもが希望に輝ける時代です。
光っていないもの、輝いていないシステムは
将来的に、やはり希望はもてないと思います。

一人ひとりが輝いて生きていける。
その輝きを妬んだり、邪魔することはもはや許されない時代に入ってきています。

ひとつの結果に、それも短期間の内に一喜一憂して、恐怖にさらされ、本当の
自分を見失っていた時代は、もう終わりにしたいですね。

いつでも自分から始められるんです。

おおらかに、大きく、見守る勇気をもつこと。自分を見守ること。
なにがあっても、まず、身近な世界で精一杯輝こうと生きていれば大丈夫。
そうそう、忘れていた未来が始まるのはそこからですね!
未来は他の誰でもなく、自分から創りだせる。
(忘れていたことを思い出す感覚です)
思い出せたことから一歩ずつ、一歩ずつ光輝きながら、ね!

信用するのではなく信頼することの大切さ、今回、これを琵琶湖サミットは私に教えてくれました。

そして、まもなく来年のサミットに向けて始動します☆
Mother GAIA Summit ばんざ~い!!


FKでした。
[PR]
# by divinedoor2005 | 2007-11-04 09:45

Mother Lake Biwako


琵琶湖クルーズのお知らせです。

琵琶湖は日本最大の湖ですが、
最大にして世界3番目に古い古代湖でもあるんです。

人類のいない400万年前に琵琶湖の元ができました。
そして今のカタチになったのは約40万年前。

琵琶湖は地球の自転の影響を受けるくらい大きいそうです。
一番深い琵琶湖の湖底では、常に右回りの渦を巻いているそうです。
沿岸のものは全部真ん中に集まってくるらしい。

そして琵琶湖は太陽の光を受け、空を映し、たくさんの生命を育み守っています。
夜になると、満点の星を映し、宇宙からのエネルギーもたくさん受け止めています。

9月30日“水”をテーマにマザーガイア・サミットが開催されますが、その前日
9月29日~古代湖の風を感じて~というタイトルで琵琶湖クルーズが運航されます。

http://mothergaia-summit.jpn.org/summit/2007/

新しい“水”の時代の幕開けを体感できるクルーズに☆と企画しています。

忘れていた何かに気付くかもしれません。


ありがとうございます。(FK)
[PR]
# by divinedoor2005 | 2007-08-25 13:22

2007年7月27日


こんにちわ、FKです。

今日は2007年7月27日、娘の5歳の誕生日です。
生まれてちょうど6年目。
お腹に宿ってからだと、わっ、7年!!

☆  ☆  ☆

娘がやってきて大きく総てが変わりました。
もちろんその前に主人と結婚したことで人生は大きく変わっているのですが(*^^*)

☆  ☆  ☆

例えば、主人以外の人と結婚していたら、今頃、どんな自分だったのだろう・・・

そんなことを考えていると「あなたの人生、どこからやり直したいですか?」と質問が・・・

おかげさまで人生80年として、その折り返し地点にさしかかっっている私は
人生のあれこれを冷静に振り返ることのできる年齢でもあり(笑)
いつも一生懸命に自分を生きてきたなと思うのです♪

失敗もいっぱいするけれど、でもいつの間にか前向きに立ち上がる・・・
(癖としては過去よりも未来に興味が持てるのかも☆)


誰だって色んな環境で、複雑な状況の中で一生懸命、自分を生きているんだと思うのです。


でもそんな人間一人の一生も宇宙の意識から見れば、ほんの一滴・・・

ひとしずく・・・

でも、その一滴をこの地球上の一人一人が輝く一滴になることで、
生命輝く水の惑星は美しく輝く。 “水”輝くとき 

そんなテーマで開催するイベントがマザーガイア・サミット2007in琵琶湖です。

「一人から始める村おこし、町おこし、国おこし」をスローガンに
全国の有志のみなさんが集まって、去年から開催している民間主導のサミットです。
(去年はマザーガイア・サミット2006in宮島)

それぞれの意識のSHIFT☆忘れた未来をとりもどす☆
これは「聖なる扉」プロジェクトコンセプトの延長線上にあると、私も去年から手伝っています。

それぞれの小さな意識が変わることで、それにともなう選択が変わり、行動が変わり、
新しい出会いが結ばれる。その小さな輪が繋がり、広がり、
それぞれが更に輝きを増しながら、いつの間にか、大きく世界を変えていく・・・。

マザーガイア・サミットがそんな熱い想いをもった方々の出会いの場になることを
今年も祈念してご紹介させていただきます。

よかったら皆さんもサミットに賛同メッセージをお寄せ下さい。
主催は毎年編成されるマザーガイア・サミット実行委員会です。私も頑張っています(^^)/
実行委員メンバー募集中です☆詳しくはHPをごらんください。

ありがとうございました。(FK)

PS:娘の誕生日から広告みたいになっちゃいました(笑)
[PR]
# by divinedoor2005 | 2007-07-27 07:27

2007年の7月におもう事


大変ご無沙汰しています(*^^*)。
FKです。
今年になって初めての投稿となりました。

2005年5月に立ち上げたこのプロジェクト・・・
元伊勢、元熱田のイベントを通しながら、私はある想いに突き動かされ、
現実の生活を変えながら、今日の日を迎えているわけですが、そもそも、
なぜこんなことを始めたのか・・・
突き動かされてきたその想いは何だったのか・・・
このあたりで少し整理をしながら告白していきたいと思います。

それぞれの、意識のSHIFT☆忘れた未来をとりもどす☆
これは「聖なる扉」プロジェクトのコンセプトです。

小さな意識が変わることで、それにともなう選択が変わり、行動が変わり、
新しい出会いが結ばれる。その小さな輪が繋がり、広がり、
それぞれが更に輝きを増しながら、いつの間にか、大きく世界を変えていく・・・。

☆   ☆   ☆

始まりは2004年のことでした。
いつまで知らぬふりをする!」「まだ見て見ぬふりを通すのか!」という
天からの厳しい怒りの声でした。
声の主もわからないままに受け止めてしまったその感情と、何かが外れたような感覚・・・
しかし、こんな神秘体験は一日も早く忘れてしまおうと何度も思いました。

でも、たわいのない日常生活の出来事をとおして何度となく訴えてきます。

あるときは息もできないような状態で、
あるときはインスピレーションのように強い希望をもたせ、
あるときは自分がその過去世(?)を生きたように生々しい感情を伴って・・・

泣いたり、怒ったり、不安でたまらなかったり、嬉しかったり・・・
まったく現実とは次元の違う世界に通じてしまって心がかき乱されていた期間でした。

おじさんチャネラーのサポートもあり、自分を内観する訓練を受けました。
内から湧き上がる強い想い。これを剣に喩えておりますが、この剣をゆるぎのないものにして
現実を生きる。すべてはこの為だったのかと今は思えます。

人はそれぞれ天命という役割、それぞれの剣を携えて誕生してきているようです。
同じ生きるならその天命に一日も早く自らが気がついて、
その為の現実を自分から顕現していかなければならないようです。

日常の慌ただしい生活の中で、流されて生きるのはむしろとても容易な生き方であり、
それはそれで魅力を感じる今の世の中ではありますが、それでは輝く未来を創造するのではなく、
むしろ破壊の一役を担うことになってしまうのでしょう・・・。

合わせ鏡である現実の現象は、自らが担ったカルマ解消の機会であり、
それを乗り越えていくための剣・・・カルマを乗り越えるには自分の剣が大変役に立つのです・・・

とはいうものの現実問題、人間関係はすでに複雑ですから、様々な想いが交差し、
まさに戦いのような日々です。しかし戦うのは相手ではなく、必ず自分自身なのです。
自分の剣を如何にまっすぐに立て磨きぬいていくかの戦いです。

流されない様に、とらわれない様に、常に自分の天命と向き合う、
そうするとそれぞれの忘れた未来をとりもどす『鍵』が現れてきます。
出会いが起こり、不思議とサポーターが現れ、現実が動いていく・・・・
それぞれが天意に適ったタイミングでサポートしあい、現実が動いていく・・・・

ひとりひとりが主人公であることは確かです。 それがとても絶妙にかみ合っていく・・・

神合いとはよく言ったものです。
神様とか天意とか宗教くさいものの表現には実は抵抗がありました。

しかし、すべては奇跡のようで・・・

なぜ私の心臓が動き続けているのか、動かしているものの計らいを天と呼んでもいい、
毎日昇り来る太陽の恵み、雨、自然のシステムを神と呼んでもいい、
少しでも現実が輝く未来に向かうなら、輝く未来を育む生き方を実践したい、
私は確かにそんな天命を感じ、それに突き動かされて今を生きています。

☆   ☆   ☆

そんなことを思う今日の朝でした。
みなさまはいかがですか?
久しぶりでしたが、読んでくださりありがとうございます(*^^*) FK





 
[PR]
# by divinedoor2005 | 2007-07-21 11:21

聖なる扉の鍵

元熱田の「聖なる扉」を開いてくださった龍王さんのブログに
「一目白! 龍王武録」http://ryuoh12.exblog.jp/

頭(あたま)と腹(はら)、このふたつを結ぶところが、胸(こころ、ハート)である。
頭だけで行動すると空転し、
腹だけで行動すると蛮勇となる。
時、場所、目的に応じて調整する機能が胸(こころ、ハート)である。
ここに我が存在する。

つまり、口は現象界の食物を取り入れる入口となり、
食する物は人体の宮に差し出される奉納の品となり、
私たちの生命エネルギー、活動エネルギーとして生かされる。
これはまさに感謝の思いで受けるべきである。
そのお返しとして私たちの肉となった生きとし生ける物の霊に報いる道筋は、何か?

それは、私たちの悟り以外の何物でもない。

日々、私たちが知りえた真理を語れということである。
言葉にせよということである。このとき、口が出口となる。
言葉の通り、実践せよ、この世に現せということである。

あの世にあるがごとく、
この世に行動として指し示せということである。
このとき、人体は天意を受ける器となる。
頭と腹と胸、三位一体とせよ。


とありました。
これに共鳴しましたのでご紹介させて頂きます。

☆☆☆

私はこの頃、人間の頭だけで色々考え、専門的な知識や理屈をいくら集結させても、バランスの
悪い、その場しのぎの答えしか出せないのではないか、と思うようになりました。
ひとり一人が胸(ハート)の本音の部分を開いて、そこを議論していかないと本当の出口、解決策は顕われてこない、と思うのです。ひとり一人が胸の本音を開く、とは、共にある神々の声を聞くということで、その声をひとり一人がまとめあげていくことがとても大切だと感じています。

だから、頭だけではなく、ハートはどう感じているのか、何を求めているのか、何を選択するのか、
どう行動するのか、自分の胸はどう応えるか、そこを言葉にせよ、実践せよ、この世に現せ、ということになるのです。

「聖なる扉」の鍵はそこにあります。

物質と経済活動が中心の社会システムの中で、私たちは本来の人間らしさ、ハートを置き去りにしてきた気がします。人間が、生きとし生けるすべての霊に報いる、天意を受ける器であろうとするならば、ひとり一人が今の現実を恐れず、おおらかな愛で、少しずつ、少しずつでも光輝く存在であることを取り戻していけるはずです。そうすれば、いつの日か地球は真の理想郷となることができるでしょう。地球を破壊することも理想郷にすることも、今の人類ひとり一人の選択にかかっていると思うのです。

☆☆☆

「聖なる扉」はこれからも神聖なる人間性の回復のため、現実社会で「忘れた未来を取り戻そう」「心の奥の違和感を解放しよう」と意識のシフトを呼びかけていきたいと思います。そして実際に、現実社会で実践していく人たちの架け橋になり、サポートができれば嬉しいな、と思っています。

どうぞハートで感じるものがあればご連絡ください。(FK)


追伸:龍王さん、ありがとうございました。
[PR]
# by divinedoor2005 | 2006-12-06 11:26

唯一無二のあなたへ・・・

大変ご無沙汰してしまい、申し訳ありませんでした。
更新をしないにもかかわらず、こちらを訪れてくださり本当にありがとうございます。

近況をいずれご報告しなければ、と思いながら、いつの間にか10月になってしまいました。

今日ご紹介するのは9月のある日に受けたメッセージです。
エネルギーはもう次の更なるステップに移行しているようですが、
基本は自分の中にある神聖な部分、ということに変わりはありませんので
このメッセージを今日はご紹介させていただきます。


ここをご訪問くださり、本当にありがとうございます。(FK)


☆☆☆


物事を現していくことに臆病になってはいけません。
自分を隠してはなりません。

ひとつでも隠し始めると、気持ちよく前に進めなくなるからです。
すべてがそこから滞ってまいります。

あなた方は確実に前に進んでいます。
もっともっと高次のやり方に慣れ、
その新しいやり方に自信をつけていかなければならず、
やっていく内に、必ず自信をつけていきます。


自信とは自分のやり方、個性、周りとの調和、自分をとりまく全てを
信頼することです。信じてゆだねていけばいいのです。
周りが教えてくれます。全てがあなたに与えてくれます。

そこから学べばいいのです。
そこからいつもあなたの歩みが始まるのです。

もっと愛を信じてください。
もっと恐れを手放してください。
あなたはとても愛された唯一無二の存在なのですよ。

人の評価に決してあなたを閉じ込めてはなりません。

あなた方は生命力にあふれた、そのままの自分を謳歌し
どんどんどんどん、生命の真実の姿を取り戻していくのです。


☆☆☆
[PR]
# by divinedoor2005 | 2006-10-06 19:03

自分で自分を照らし出すこと


自分を癒すことはとても大切です。
自分で自分を照らし出すために、大きく呼吸をし、新鮮な酸素を充分に取り入れてあげてください。
肉体を構成する全細胞のために・・・
背後にいる呼吸ができない方々のために・・・

恐縮したり、不安に思うことは何もありません。
「トキの流れ」に乗って素直に対応していけば、貴方がたは自然と学び多く、
いつのまにか少しずつ成長している自分たちを実感していくことになるでしょう。

貴方がたはあなたの個性であることをもっともっと感謝するべきです。

貴方がたは唯一の、「今を生きる」貴重な貴方なのですから。

誰に合わせることも、誰に気兼ねすることも、何が正解で、何が間違いか、など
気にする必要もありません。

今、貴方が思ったこと、気付いたことを、調和的に「今に」表現できる存在として
日々、精進してください。

貴方の奥深くに、静かに静かに向き合えばいい、ただそれだけです。

そこが欲するものを忠実に表に出してくる、ただただ、その繰り返しです。

どんな時も余計なパフォーマンスなどはもう必要なく、
ただただ静かに貴方の奥深くの存在を、貴方の本質を、貴方の中心を
静かに静かに顕現させてあげてください。

本当の自分のみ、照らし出すやり方を今こそしっかりマスターしてください。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ありがとうございました。(FK)
[PR]
# by divinedoor2005 | 2006-08-11 06:28


聖なる扉を開きます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
感謝呼吸~呼吸が変わる、..
from 感謝呼吸.com
埒(らち)あかん
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
今日の一日、さようなら
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
私にとっての元熱田
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
元熱田レポート その1
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
9月23日元熱田コンサート
from 宇宙存在からのチャネリング通信
宇宙存在からのチャネリン..
from 宇宙存在からのチャネリング通信
元熱田現地レポート その1
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
from 建築辞典
元伊勢報告(3)
from namito tomoni
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧