聖なる扉



聖なる扉プロジェクト~元熱田への誘い~

ご無沙汰しています。FKです。
いつも温かい励ましやご賛同のメールをありがとうございます。
秋分の日、元熱田の地で、皆さまにお会いできるのを楽しみに毎日を過ごしています。

さて、8月からここ最近、体調のすぐれなかった皆さま方も多いのではないでしょうか?
普段、健康な私も、この度、病気を通して様々な気付きをいただきました。
人間がこの地上で生きるとはどういうことか、というテーマです。

人間は生まれた瞬間から、誰もが肉体の死に向かって様々な事象に関わりながら 
「貴重な体験をしていく」 ということになりますが
だからこそ、肉体と共に、自分の周りで起こってくる事象に対し、自分の魂を精一杯顕現し、
表現する生き方、関わっていく生き方が尊いのだ、と実感したような次第です(^^)

今までに根付いた“思考の習慣”で、すぐに怠慢、たとえば弱気、勘違い、傲慢になり、
なんとなく日々を過ごしてしまいがちな私も、「このままじゃもったいないな。勇気を出して
本気で楽しんでみなければ。」と重い身体を軽くしてみたい意欲が湧いてきています。

みなさまはいかがでしょうか?

聖なる扉プロジェクト ~元熱田への誘い~ と 題して、久々に交信してみました。

秋分の日に、皆さま方と元熱田の地で素晴らしいエネルギーの交流と感受ができることを
楽しみに、実際、どんなイベントになるのかドキドキしながら心待ちにしています(笑)

ありがとうございました。(FK)


  ☆  ☆  ☆

~元熱田への誘い~

すべての命は響きあっています。
そのエネルギーは常に変容をつづけています。
関わりあうもの同志がそれぞれに個性ある波動を発し、新たな波動の場を創造しながら
またそれに相応しいエネルギーを引き寄せあい影響しあいながら生活を続けています。

肉体を構成している細胞は聖なる水です。
あらゆる情報をコピーし温存させ、それをエネルギーとして発信しています。
肉体が水であるのに対し、丹田にはもともとあった炎、すなわち火としての
本来の神の分け御魂があります。
それぞれの炎の情報を細胞である水に顕し、それを身体全体で現すことが火と水、
神として在る本来の人間の姿といえます。

水は放置しておくと、上から下へと流れこみ、滞ると澱み腐ります。
時に凍り、時に蒸発し、姿を変えながら環境に染まります。

神聖な水を保つためには、神聖な内なる炎を意識してください。
神聖な水を保つためには自然に習ってください。
そして常に水は流れていなければなりません。

元伊勢は本来の自分自身をとりもどす、それぞれが真の我の魂(まがたま)のひとつであったこと、そしてそれはすべての珠(魂・命)と繋がっていたことを思い出すひとつの機会でありました。

次の元熱田は剣(つるぎ)の霊性をかり、それぞれがそれぞれの内なる炎(太陽)を
身体全体で現す生き方を始めるひとつのきっかけであるように感じます。

すべての命は響きあっています。
天と地と火と水。
すべては神聖なる存在なのです。

そしていよいよ内なる炎に誠実に行動することが大切な時期に来ているようです。
[PR]
by divinedoor2005 | 2005-09-11 09:01
<< チケットの送付を始めました。 次の聖なる扉が開きます。 >>


聖なる扉を開きます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
感謝呼吸~呼吸が変わる、..
from 感謝呼吸.com
埒(らち)あかん
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
今日の一日、さようなら
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
私にとっての元熱田
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
元熱田レポート その1
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
9月23日元熱田コンサート
from 宇宙存在からのチャネリング通信
宇宙存在からのチャネリン..
from 宇宙存在からのチャネリング通信
元熱田現地レポート その1
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
from 建築辞典
元伊勢報告(3)
from namito tomoni
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧