聖なる扉



<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


それぞれの道


それぞれの道

今は目に見えなくともすべては面白いほどに繋がって参ります。
今はそれぞれがバラバラのように感じていても、それがみるみる繋がって参ります。
私達はひとつであったと、私達はおなじであったと、
微笑み合える日がそこに近づいて参りました。

喜ばしい限りでございます。

どうかそのままそれぞれの正しい道をお歩みください。
今はかすかな光であっても、やがて大きく開ける眩いばかりの大海原へと
たどり着くことになりましょうぞ。


    ☆      ☆      ☆


それぞれの破邪顕正の時を超え、共に喜びの泉で会える嬉しさよ。
和をもち、愛を注ぐ献身の人々よ。
汗をして、その恵みに感謝する人々よ。
その勇気を称えよう。
その強さを称えよう。
揺ぎ無い足取りで、目指すその道をまっすぐに進め。
揺ぎ無い真っ白な心は、より大きな波紋を伝達するであろう。
共に歩もうぞ。
共に育もうぞ。
それぞれの道で。



    ☆      ☆      ☆




今朝はなんだか嬉しくて、いつもより早く目が覚めてしまいました。
やりたいことがやれる、そんな気分です。
春の訪れがそうさせるのでしょうか。
ウキウキわくわく、今までの自信のなさからくる消極的なカンジが外れたようです(^^)

みなさまはいかがですか?(FK)
[PR]
by divinedoor2005 | 2006-02-22 07:16

“お金”に右往左往してきた人々よ


そこから何を学ぶのか。
何を超えるのか。

未だ“お金”の問題に揺らいでしまう意識の弱い器であるということ。
社会(人間関係)における自分達の価値を未だ“お金”中心に置いているということ。
そなたらが築いてきたものは、まだその程度であるということを学びなさい。

あらゆる“お金”にまつわる不安とともに
“お金”中心に築かれた社会の価値判断を選択してきた人々よ。
その揺らぐ心の不安定さゆえに右往左往してきた人々よ。
静かに聖なる真実を取り戻す時がきた。

いっそのこと、天災でも起きて、すべてを精算してもらえれば清々するのに、
などとその責を逃れるでない。
もうその繰り返しは許されぬのじゃ。
そこにいながらそなたがそれを超えて行かねばならぬ。

金・・金・・・金・・・・

様々な場面で金により植えつけられてきた恐怖心、虚栄心、慢心・・・
真実を見るそなたらの目は長く目隠しされたままであったな・・・
しかし、そなたらはそれをいよいよ外すお役目、時がきた。

金さえあれば、というのは己への偽りである。
金が姿を変え、そなたらの魂をむさぼってきたのは確かな事実。
その虚構に注目すべきである。

金にまつわる威力、魔力を見せつけられ魅せられてきた多くの者たちよ。
買わなければ(売れなければ)ゴミと化す宝の山・・・
そなたらは何を守ろうとし、何を失ってきたのだ?
何を得ようと、何を創り、何を葬ってきたのだ?



☆  ☆  ☆



このメッセージはアップしようかどうか、とても迷いました。
お金はまだ私たちの生活そのものです・・・

しかし意識して見えてくるものがあるなら、そこから目をそらしてはいけないんだと思いました。

地球村の高木善之さんのブログにもありましたが、
自分の冷蔵庫の中なら、賞味期限がきれる前に食べようと、古いものから順に使い切る(食べる)努力をするのに、スーパーで物を買う時は新しいものを奥から選んで買ってしまう。
当然、売り場に残った賞味期限切れのものは大量に処分されてしまう。。。。。

物を買うという行為。
自分の物にするという行為。
自分の物とそれ以外・・・


かつての魚座時代は“自分”というものを大切にし認め、“個人的なもの”、“個人のエネルギー”
個人意識を獲得して行った時代であった、と何かの本で読み、納得しました。
そしてこれからの21世紀は水がめ座の時代。
共存共栄の道、個人意識を超え、共に栄えていく時代に入ったそうです。

ひとりひとりの小さな意識が変われば、その行動が変わり、出会いが変わり、
やがて大きく世界を変えていく、というのが聖なる扉のコンセプトですが、
個人的な意識を超え、右往左往しない自分をしっかり習慣つけていきたいものです。

そしてお金や物の力ではなく、愛情に満ちた信頼できる人間関係を身近なところから
しっかり築いてゆきたいものですね。(*^^*)

ありがとうございました。(FK)
[PR]
by divinedoor2005 | 2006-02-17 15:27

建国記念日によせて


理想を描く

そなたたちのもっとも多くの時間は今、何に費やされているでしょうか。
そなたたちがそれぞれの理想の中で、調和に満ちた中で、心静かに豊かに過ごされて
いることを強く願います。

現実は理想の中に築くものです。
それぞれの理想をきっちり把握し、描き続けることが最も大切なことです。

目の前の現に流されてはなりません。
目の前のあれこれに振り回されて自分を忘れてはなりません。

こちらから見ていますと、一人ひとりの理想が、
それに対するエネルギーの強弱が、まるでオーロラのように
美しくはかなく揺れているのが見えてきます。

そなたはそなたの理想の実現の為に生まれてきたにほかならないのです。
一人ひとりの理想が、いずれ時空を超え結ばれてまいります。

そなた一人から始めるのです。そなたの理想に忠実に動くのです。

長いそなたらの歴史によって刻み込まれた孤独感とやらを超えていくのです。
理想にむけての行動は必ず実を結ぶことを固く信じきるのです。

そなたたちの永遠なる理想に向けての御働きを感謝しつつ見つめております。

そなたたちがそれぞれの理想の中で、調和に満たされた中で、
心静かに豊かに過ごされていることを強く願います。

理想を描く力を未来に・・・



☆    ☆    ☆



今日は美しい青空です。
心の中もこうでありたいな。(*^^*)

勇気の湧く、穏やかなメッセージでした。

ありがとうございました。(FK)
[PR]
by divinedoor2005 | 2006-02-11 08:42

魔の力



早いもので今日は節分、明日は立春です。
春が立つ、嬉しいな(*^^*)

今日は魔の力と題してメッセージを受け取りました。
私達はオセロの駒のように魔にも愛にもなれる存在のようです。
それも一瞬にして・・・
戦うべきは自分自身なのですね。
とても考えさせられました。(FK)


☆   ☆   ☆   ☆   ☆


魔の力

冷静に自分の内の魔を観察せよ。
その魔はどこから来る?
腹の下からか?
背後からしのびよるのか?

胸が張り裂けそうになるか?
のどが苦しいか?

災いの祝詞をまだ大声で唱えるのか?
魔と気付くまで、まだまだそんなに経験が必要なのか?


何度でも申す。
腹の力を強めよ。腹にある光を意識せよ。
光で己を包み込むのじゃ。

胸の怒り、その不安、胸の懸念を治めるのじゃ。
魔の力に手を貸すでない。
魔の力にそなた加担するでない。
魔は、隙をねらっておる。
瞬時にそなたに乗っかってくる。
一瞬にして牙を剥くのじゃ。
そなたを陥れるため・・・
そなたから破滅を招くため・・・


腹の力を強めよ。光の泉に繋がるのじゃ。

魔に優るもの、それはただ唯一愛の光なり。
愛の光とは誰もがもつ、そなた自身の腹の力なり。

絶えることなくあふれくる“愛”の光の使者たちよ。
己の恐怖に打ち勝て。
魔が映し出す幻想に現を抜かすでない。

まるでオセロの駒じゃ。
一瞬にして白黒ひっくり返っておる・・・


聖なる扉、開けるのは己の腹の扉じゃ。
大元と繋がる唯一の愛の場所じゃ。

常に開けておくは無防備と思うなよ。
失うものなどありはせぬ。
与えて分け合う輝かしい喜びしかないのじゃよ。

くどく申す。
腹の光を強め、己の恐怖に打ち勝て。
おのれの言い分を守ろうとするな。
言葉は武器ではない。
隙を与えるでない。
魔の扉を開くことになるのだぞ。
魔に己をあけわたすでない。


開ける扉は光の扉ぞ。
愛の光を洪水のごとくこの世に流すのじゃ。
それが今を生きる人間さまの使命ではなかったか?


理解してもらおうと思うな。
そなたが光り輝くことが先じゃ。
静かに、静かに光を放ち続けるのじゃ。
約束しよう。その光は必ずすべてを包み込む。
すべてを溶かすであろう。
まずはそなたの胸に生ずる魔を溶かしきることじゃ。
何重にも何重にも光のバリアをはるが良い。


そなたの真の力を思い知るが良い。
穏やかで力強く美しいそなたらよ。
光を放ち、その光で己を包み込むのじゃ。
[PR]
by divinedoor2005 | 2006-02-03 10:11


聖なる扉を開きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
メモ帳
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
感謝呼吸~呼吸が変わる、..
from 感謝呼吸.com
埒(らち)あかん
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
今日の一日、さようなら
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
私にとっての元熱田
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
元熱田レポート その1
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
9月23日元熱田コンサート
from 宇宙存在からのチャネリング通信
宇宙存在からのチャネリン..
from 宇宙存在からのチャネリング通信
元熱田現地レポート その1
from 龍王ブログ ~今日は、本日限..
from 建築辞典
元伊勢報告(3)
from namito tomoni
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧